NSS通信

№161

平成29年度 安全大会

平成29年12月29日(金)ホテルグランヴィア京都にて、平成29年度日本サルベージサービス安全大会が開催されました。
当日は業務のため来られなかったオペレータさんもおられましたが、大﨑社長、岡島副社長はじめ、嵯峨根本部長、堀部部長などNSSの社員146名が出席しました。
安全大会は、無事故表彰、永年勤続表彰などの労をねぎらい、その功績を讃えると共に従業員一同が無事故、改善提案の重要性を再確認し、勤務遂行意識の高揚を図ることを目的としています。

〜今回の表彰者〜
無事故30年表彰 北山オペ
25年表彰 岩田オペ、小室オペ
20年表彰 森下オペ、谷G長、梅田オペ
15年表彰 森山G長、酒井G長、中藪統括G長、上田G長
10年表彰 岩井オペ、藤川オペ、高橋オペ、冨田オペ、大浦G長、浅井オペ、杉森オペ
5年表彰 伊藤オペ、津村オペ、大内オペ、船川G長
無事故グループ表彰 本社事業所2G、4G。 支店2G、3G。 営業所1G
永年勤続30年表彰 小田課長、荒川オペ、小澤オペ
20年表彰 森下オペ、堀内G 長、竹内オペ、谷G長、川瀬課員
10年表彰 西村副事業所長、稲森主任、藤川オペ、高橋オペ、山下オペ、冨田オペ、浅井オペ
その他表彰者は、各現場で表彰された方へ現場表彰として桑田オペ、森山G 長、濱崎オペ、岡田(直)オペ。
特別表彰として、昨年行われた全国クレーン安全競技大会にて準優勝となった松本(淳)オペ。台風21号が襲ったJR西日本湖西線の復旧作業にあたった中島(三)オペ
事故防止につながるヒヤリハットを一年間で多く提出した方に送られます、上申書安全功績として石神G長、細溝オペ、川﨑オペ
安全運転者の証であるS Dカード昨年10年間無事故・無違反であるゴールドカードを取得した西田(義)係長、津村オペ、堀内G長、山本オペ、岩井オペ、中島(健)オペ
平成30年度安全標語に選ばれたワッペン表彰として石田(祐)課員
の合計53人、5グループが表彰されました。
また、定年退職者で出席された古川オペには花束が贈られました。
無事故30年表彰を受賞した北山オペから受賞者を代表して「無事故表彰者挨拶」がありました。
最後は合原支店長によるがんばろう三唱で平成29年度の安全大会は終了しました。その後は懇親会が開かれ賑やかな時間となりました。残念ながら業務の都合上、参加できなかった皆さんも一年間お疲れさまでした。次回は全社員で一年の締めくくりができればいいですね。
最後になりましたが実行委員長の福岡課長を筆頭に、大会開催までの準備・打ち合わせなどをしてくださった大会委員の皆さまご苦労さまでした。
安全意識が高まった一日となりました。今年もご安全に。

DSC_5465 DSC_5526

表彰のようす               合原支店長のがんばろう三唱

機甲分団が出初式に参加しました

平成30 年1月7日(日)に日本サルベージサービスとして年明け初めての行事が出初式です。
出初式は今年で8回目ともなり今では我が社の恒例行事の一つとなっています。今年は機甲分団として20tラフターに酒井G長、徒歩部隊として森下オペ、竹内オペが参加しました。
出初式開始前は普段ではゆっくり見ることのできない消防車、救急車が並び、小さな男の子と父親が消防車の写真を撮影していてとても和やかな雰囲気でした。
本番になると胸を張り、堂々とした貫禄ある行進をする森下オペと竹内オペ、20tラフターを運転する酒井OPが目に入りました。徒歩部隊は大勢の観覧者がいる中緊張したようすも無く、無事出初式が終わりました。
年明け初めての行事である出初式が終わり一息つくとともに、始まったばかりの平成30年をがんばって過ごそうと改めて感じました。
参加していただいた森下オペ、竹内オペ、酒井G長本当にお疲れ様でした。

IMG_1120

行進の練習をする竹内オペ、森下オペと機甲分団員のみなさん

編集後記

新年あけましておめでとうございます。今年も明るく、元気にがんばっていきますので皆さま、よろしくお願いします★安全大会で表彰される皆さんの顔が私にはレンズ越しにはっきり見えます。嬉しそうにしている方、恥ずかしそうにしている方……普段とは違う顔が見れて写真を撮りながら密かにニヤ二ヤしています。毎年安全大会の写真は100枚を超え、どれを記事に載せるのか選ぶのに苦労しますが楽しい時間でもあります★「CLTはカナダの建設現場で鉄板の代わりに使われています。その上をクレーンなどの重機が走ります」と朝礼で大﨑社長が話されとても驚きました。「木って割れるし、弱いんじゃないのかな」と私は思ったのですが、実物を触ってみてこの考えはなくなりました。重くて、固くてこれが木だと分からないくらいで、鉄板の変わりといわれても納得できました。建築物自体にも利用され始めていて、今後のCLTの普及が楽しみです(林)