NSS通信

№154

こども110番のいえオリエンテーリング

6月13日(火)「こども110番のいえオリエンテーリング」が行われました。
本社事業所近くにある小学校の活動で、六年生と一年生が一緒に自宅方面にあるこども110番のいえを訪問していきます。
小学校生活にも慣れ、活動範囲が広がった一年生は110番のいえの他にも、危険な道や場所を知るため。六年生には再確認する目的があります。
オリエンテーション当日は天候にも恵まれ、「おはようございます。こども110番のいえオリエンテーションで来ました」と元気な声が事務所内に響き渡りました。
事務所に入ってくる前に六年生が一年生に「このマークがあるところが110番のいえなんやで」と教えている姿がとてもたくましく見えました。
登下校中に児童が巻き込まれる事件や事故が後を絶ちません。
これからもこどもたちが安全に安心して暮らせる地域づくりに貢献していきましょう

DSC_4534

オリエンテーリングで訪れたこども達にシールを貼るようす

命を繋ぐ〝ロープの日〟

6月2日は「ロープの日」でした。
全国鋼索(こうさく)商業連合会というワイヤーロープの販売店の組織が制定しています。
ワイヤーロープ業界の認知度向上と安全の向上が目的です。NSSでは、ワイヤーロープの点検を促しました。
本社事業所の矢野オペは2日に点検をすることができませんでした。そのため、後日仕事から帰って車庫で点検を行っていました。
ジブを出し、フックを下まで降ろした後、東森オペにノギスを使用した点検を教わっていました。
ノギスを使用した点検は初めてだったようで、真剣に説明を聞いていました。
「ここの細くなっている部分を見るんやで」と東森オペ。「ここですか。このノギスはどのように使うのですか。見せてください」と積極的に質問をしていました。
NSSでは各自がノギスを持ち、常に点検できるようにしています。
また、月に一度の月例点検にも計ったワイヤーの太さを記入しています。
点検は事故を防ぐ手段の一つです。これからも、点検・整備をよろしくお願いします。

点検

東森オペから点検を教わる矢野オペ

編集後記

毎朝子どもたちの交通誘導を行っていますが、以前にも増して子どもたちが元気に登校していきます。大きな声で「さーいしょはグー」と全力でじゃんけんをしたり、「トリートメントの仕方教えてあげるわ」といわれたり……。「おはようございます」のあいさつ以外にも些細なコミュニケーションを取っておくことで、いざという時にこどもたちが助けを求めやすい環境になればと思います★㈱京新産業の木下社長の以前のイメージは「おもしろいおじさん」でした。今も変わらずですが、色んなことを考え、自分でも実際に動かれる姿を見てさらに「色んな話を聞きたいな」と思うようになりました。社外の方に原稿を書いてもらうのは初めての試みで、また面白い特集ができました。来月もとても楽しみです★関西もついに梅雨入りしました。最近、六月病になる人が増えています。体や心の不調が起こるそうです。ONとOFFの切り替えを行って、毎日元気に過ごしましょう。(林佐紀)